形状記憶とベータチタン(形状安定)の違い


『形状記憶合金』と『ベータチタン』の違い。

『形状記憶合金』も『B(ベータ)チタン』は、
壊れにくい、型崩れしにくい素材として知られています。

詳細で専門的な違いは、それぞれ検索して頂くと
詳しく記されています。

しかし、難しい話になりますので、
下記の様に簡単に述べさせて頂きます。

形状記憶合金:
弾力性に富んでいて、高温度時の形状を記憶する合金。
B(ベータ)チタン:
弾力性に富んでいて、特に形状を記憶しない合金。




「形状記憶合金」と超弾性「ベータチタン」を使用している箇所

ごくまれに、眼鏡のほとんどの部品が形状記憶合金使用のものがあります。

しかし個人的な感想としては、あまりおすすめしません。

それは、使用する箇所によっては、レンズをはめ込む際やフィッティングの際に、
形状記憶合金メガネのために制約が出てきてしまうからです。


そのような経験から、当店では下に記すような形状記憶合金メガネフレーム、
または超弾性Bベータチタンフレームをおすすめ致します。



「形状記憶合金」と超弾性「ベータチタン」を使用している箇所

ごくまれに、眼鏡のほとんどの部品が形状記憶合金使用のものがあります。

しかし個人的な感想としては、あまりおすすめしません。

それは、使用する箇所によっては、レンズをはめ込む際やフィッティングの際に、
形状記憶合金メガネのために制約が出てきてしまうからです。


そのような経験から、当店では下に記すような形状記憶合金メガネフレーム、
または超弾性Bベータチタンフレームをおすすめ致します。




一言で申し上げれば、テンプルの芯に、形状記憶合金素材、または超弾性Bベータチタン素材を

使用したメガネフレームをおすすめします。


ブリッジをツイストしても元に戻るメガネもありますが、
メガネをかけた際にフレームが柔らかいために、見え方がゆがんでしまったり、

そもそもきちんとフィッティング出来ないことがあるからです。

形状記憶合金メガネフレーム、超弾性Bベータチタンメガネフレームを選ぶときは、
ぜひ、その点を考慮してご購入されて下さい。




       柔軟性が高いと、かけ心地にもより良くなり、左の写真のように
 こわれにくさも想像しやすいです。

 当店ではβチタン素材品をオススメしていますが、中でも、
 日本製の【Reiz】-ライツ-をオススメします。

 日本でもβチタン溶接技術の高い工場で製作されている良品です。

 ぜひ、詳しい説明をご覧下さいませ!!

※性能をご覧頂くために、慎重に撮影しております。使用の際に故意に負荷をかけるのはおやめ下さい。


Reizのオススメポイントタイトル


    ☆当店のオススメ【Reiz】-ライツ-のオススメのポイントは、『ココ』をクリックするとご覧頂けます。

     どうぞお気軽にご覧下さいませ。 (*^^*)


このエントリーをはてなブックマークに追加